絵里「もしもし海未、わかる?」海未『はい。おはようございます。』