戸愚呂がBクラス妖怪だと知ったときの絶望感