「ビューティフル・ソウル ―終わる世界に響く唄―」感想