[小説]碌星らせん 『黄昏のブッシャリオン』