[小説][電撃文庫]松村涼哉『ただ、それだけでよかったんです』