実力のある主人公がモテるとは限らない… 『保安官エヴァンスの嘘』栗山ミヅキ