やる夫は己の言葉を響かせるようです - 真巻 二章 試走 1