感想 『レジェンド・オブ・イシュリーン 4』 存在意義と葛藤