ショージ君のALWAYS―東海林さだおが昭和を懐かしむ