プロのクリエーターを目指すなら「誰のためになにをすることが自分にとって最重要なのか」を考える