少女「何でもしますから・・・食べものを・・・」俺「おk」