『To LOVEる』作者「男性から応援される主人公にした」