ウロボロス・レコード【感想】