シャア「ララァからバブみを感じておぎゃるんだ、貴様には分からなくて結構」