貴音「すいっちを押すのです……」