ルナ「ルナのお友達になってくれる?」八幡「や、その友達とか良くわからないんで」