一夏「ご主人様って呼べよ」鈴「か、かしこまりましたご主人様」