俺「ごめん、ダイヤちゃん待った?」ダイヤ「ぶっぶー、ですわ!」